学校の沿革

 

2001年
10月04日 北富士工業高等学校と吉田商業高等学校を統合し総合学科高校を新設する方針が定例県議会で表明される。
2002年
02月25日 平成16年4月の開校を目指すことが定例県議会において表明される。
2003年
07月17日 「山梨県立学校設置条例の一部を改正する条例」が公布され、校名が「山梨県立富士北稜高等学校」となる。
11月19日 定例教育委員会で「校章」が定められる12月10日 定例教育委員会で「制服」が定められる
2004年
01月15日 校舎起工式(管理・普通講義室棟、特別教室棟等)
04月07日 開校式 入学式
2005年
04月20日 竣工式
07月07日 校歌制定式
2006年
03月29日 実習棟改修完了
2007年
01月23日 グラウンド・部室完成

04月01日 情報系列の情報エレクトロニクスコースと電気エネルギー系列を電気情報系列に改編

2012年
08月28日 山梨県立産業技術短期大学校と連携に関する協定を締結
2013年
10月04日 創立10周年記念式典を挙行
2015年
06月02日 「ビジネス系列」と「情報系列」を「総合ビジネス系列」に統合改編決定
2015年
12月10日 健康科学大学と高大連携事業に関する協定を締結
2017年
04月01日 高校生の基礎学力の定着に向けた学習改善のための研究開発事業開始(文科省指定2年間)